コラーゲンの構造

さて、コラーゲンについていくつかの誤解を解いていこうかと思いますが、
少なくとも私のネットでかき集めたネガティブな方の情報をまとめただけですので、
参考程度に留めておいてください。

コラーゲンは、もう20年近く美容成分の王道として定番化しています。
これは世界共通で、どこの国にもコラーゲンを含んだ製品は人気があります。

しかし、コラーゲンは、一部の専門家からは常に批判され続けています。
それは、何か健康被害を生みだすというものではなく、
ただ単に「全く意味がない」ということです。

コラーゲンを分子レベルで見てみると、
肌のバリアよりも大きく、それを潜り抜けることが出来ずに
浸透しないと言います。
それではもしコラーゲン自体に効果があっても意味がありません。

また、ドリンクタイプのコラーゲンも同様です。
吸収されることなく排出されていると言います。

これの反論として化粧品メーカーが、
「肌に塗布することで、結合が始まり保湿することが出来る」
と発言しましたので、全く効果が無いわけでは無いようです。

しかし、体内から摂取しても意味がないということになります。

確かに、コラーゲンは豚足などにも含まれてはいますが、
だからと言って美容には効果が無いとみたいですね。

話題のデトックスの効果ダイエットに効果的な燃焼サプリメント